Thanks god it's SUNDAY

日曜更新。未だ見ぬこの世の秘密をめくってます

美活 in KOREA② 〜コルギ&アートメイク〜

こんにちは!
韓国美活リサーチ、引き続きハマっているので更新していきます!


小顔って脂肪溶かすか切り落とすかしか考えていなかったけど
本場のコルギ(骨気)と言う手もあるかも?と思って本日も調査開始!

 

📝コルギ

日本ではコルギ=小顔ってイメージですが、そもそもは骨気と書いて
全身に施し、結果的に骨があるべき場所に戻り老廃物がたまりにくく痩身効果や
引き上げ効果が期待できる!って話みたいです。

引き続き、amebloさんの韓国からお届け を主幹に情報を探しました!
やっぱり現地の情報が一番😆

当然ながらコルギのお店は超多いみたいですが...中でも人気なのは
ホクトシチセイさんのようです。
日本から予約できるってのも人気の秘密のようです。

が....

どのブログを読んでも、

「痛い〜〜骨折れる〜〜〜(が結果は出ました!!)」

「頬骨の皮膚がめくれました...(涙)(が、結果は出ました!!)」
など相当痛いらしい🙀

まぁそれもコスパがよければアリかも!と思いますよね、
みなさんはどう思います?笑👇

f:id:tgis:20170819184827p:plain

ということで、私の好みではないので....
(痛そうだし、皮膚めくれるとか嫌よ〜)
コルギは日本で受けることにしますー😅


📝アートメイク
まさか、この切り口があるとは自分でも思ってなかった...けど
情報収集していると自分の好みのブロガーさんが何人かできるんです💗
その人が試している美活なら...って好奇心が湧いてくるんです!!

そこで、気づいたのがアートメイク
日本人女子はだいたいスッピンで眉毛ないですが、私も例に漏れずありません!

まずは定番、眉毛!
どうやらこのサロンならダウンタイムもイモトにならないらしい。

f:id:tgis:20170819185611p:plain

お店の名前で複数人のブロガーさんの体験記調べましたが、ここは信用できそう!
そして痛みも少ないらしいので、空き状況聞いてみよう!!

あと...悩んだのがこれ。アイライン👀✨
お風呂上りも、お化粧しているときくらいナチュラルにぱっちりできる!!

f:id:tgis:20170819185841p:plain

 

f:id:tgis:20170819185800p:plain

アートメイクっていわば刺青なので、
「え、アイラインリスク高くない?」って気持ちと
「でも、お泊りの時スッピンでいいじゃん!」って気持ちが交差すること30分。。。

私マツエクしてるからそもそもできないし不要かっ😊💗

ということで、まずは眉のアートメイクからチャレンジしてみようと思います!
まだ空き状況わからないけど、うん、やってみよう!

参考

眉毛

通訳付現金特別価格/230,000w
通訳付きカ ー ド 価 格/253,000w

アイライン
通訳付現金特別価格/190,000w
通訳付きカ ー ド 価 格/209,000w

韓国って、現金値引きの文化あるのは知ってたけどクリニックまでそうとは...
面白いですよね!

急に思い立った旅行なので、今回は軍資金少なめだから
クリニック系は、
・ほくろ除去
・トーニング
・EGF(これは日本でも大好きなメニュー♡)
・眉アートメイク
にしておこうかと思います!よしどんどん予約しなきゃ!

施術内容によって、
この施術が先じゃないと●●はあとから受けられません、とか
施術後はサウナ・チムジルバン禁止、とか
もちろんアルコールなど代謝が上がる飲み物禁止、とかあるのでプランニングは綿密に♪

bnlsも早くやりたいし...
女子は楽しいな〜🙈💗

それでは、また!

美活 in KOREA① 〜整形&皮膚科〜

なんかストレスたまるし、
「年2回以上旅にでる!」と公言しておきながら残り半年になっちゃったし、
シルバーウィークの予定もないし....

ということで、思い立ったら吉日な私は韓国旅行をネット予約💻✨

目的は、美活!!!

せっかくの一人旅だし、無様な顔になっても、多少のダウンタイムがあっても耐えられる〜〜〜😜💞

もともと日本でもBNLS(小顔注射)とフェイシャルエステ(美白対策)、経済的な余裕がある月はトゥルースカルプ(痩身)やっているので、今回はそれらをよりコスパよくがテーマです!

出発まであと1ヶ月!!
楽しく調査&報告していこうと思います👊

第一弾の調査テーマ:
整形、痩身、皮膚科、コルギ、アートメイク

韓国は美容大国ですが、ネイルやマツエクは日本の方が全然コスパいいので
(綺麗で安い!!)今回は対象外です。

📝整形

私一重なんですね。それもあって、二重には強い憧れがあります。
腫れぼったくないのが救いだけど、いつか自然発生的に二重になったらな...と✨
でも、そんなの夢です。

Amebloパトロールしたところ、
韓国からのお届けというページがあったので主幹となる情報源はここから。
人のカラダに関わる情報は、クリニックの一方的な情報より、
被施術者の情報が安心ですよね👭

とはいえ、いきなりぱっちり二重になるのはちょっと...。
と言うことで、目をつけたのが部分切開とそもそも皮膚を釣り上げで目を大きく見せる方法!

f:id:tgis:20170819175728p:plain

f:id:tgis:20170819175830p:plain

f:id:tgis:20170819175943p:plain

ん〜〜〜...
どれもダウンタイム1-2週間..。会社でバレる...。
と言うことで、目元の施術は今回はパス!
(期間に余裕がある時に、またチャレンジしたいな♪)


📝痩身

次は痩身について!
ここ7年ずっとヨガはやっているのですが...
腰回りのお肉たち、ハリのある太ももは課題です。
(おかげさまでお腹は割と引き締まってるよ!!😎)

トゥルースカルプもついこの間5万円分くらいやったばっかりだけど
ももの2~3ミリなんて誤差なんですよね...トホホ。

そこで美容大国の痩身事情はと言うと...
ameblo経由ではそんなに見つかりませんでした。
bnlsの脚版もあったけど、KONEST(情報サイト)経由だったりで広告ぽさがすごい...。明洞だし、日本人目当てな感じで値段もお高い。
だったら日本でいいし、そもそも自分で鍛えます!と言う結論。

参考までに、私が見つけた唯一の候補はこちら👇
KONEST  アルムダウン・ミタム医院(旧アルムダウン医院)


📝皮膚科
さて、ここから美容大国の本領発揮です。
それと同時に情報量の多さが尋常じゃない!!!
皆さんの周りにもこっそり韓国の皮膚科通ってる人相当数いると思います...
本当、びっくり!!

韓国の女性って細胞レベルで綺麗だと思ってたけど、みなさん努力してるんですね。
この肌👇作れるらしい!

f:id:tgis:20170819181742p:plain

最初は、はにゃ?って思ってたけど
水光注射(水のように光る肌になれる。多分わらび餅みたいなイメージ)が
とにかく流行ってるっぽい。。。。
日本でも割と美容好きだったけど、これは初耳。
価格も60~70万w(6~7万円くらい)が相場らしいので、そんな安いくない。
あと、ダウンタイムを1週間は見ておいたほうがいいらしいので、今回は諦めます。
まぁ価格的にも難しいんだけどね、、、トホホ😥
今度は軍資金貯めてチャレンジだ!!

それでも、美肌になりたい&小顔になりたい私に先生が提案してくれたのが
(日本↔︎カンナムでずっとメールしてます!)

トーニング+EGF注射+ウルセラ+輪郭注射!!!

気になる価格は...

トーニング:15万ウォン
EGF注射:25万ウォン
ウルセラ:150万ウォン(睡眠麻酔代込み/150shots)  
輪郭注射:20万ウォン  

参考までに、関連ブログはこちら

トーニング:https://ameblo.jp/bulnam808/entry-12014993324.html

EGF注射:https://ameblo.jp/bulnam808/entry-11866101385.html

ウルセラ:https://ameblo.jp/bulnam808/entry-11750990135.html

輪郭注射:https://ameblo.jp/bulnam808/entry-11948512117.html



うん、そこそこするね!!笑😹
と言うことで、今回はもともと目的の一つにあったほくろ除去とトーニング&EGFをお願いすることにしました!!

輪郭注射は1回では効果が出づらいらしいので、日本でBNLS継続したほうがいいかも💡こちらはゆっくりケアしていくつもりです♡

ちなみに、ほくろ除去は日本より少しだけ安いかな♪
1個当たり 1万ウォン~
お顔全体 30万ウォン

結果については、また報告します!


まだまだ韓国美活する予定なので追加でupしていきますね!✈️



大好きな本 川上弘美

f:id:tgis:20170805113707j:image

新しい本探しに川上弘美さんの書評集で色々インプット。

 

書評集にハマったのは、お恥ずかしながら又吉直樹さんの第2図書係補佐から。『この本読んだよ!面白かったから読んで見て!』と言われている感覚がいい。

 

本書のあとがきを読み、びっくり!

 

『好きな本があるよ、いい本があるよ、みんなも良かったら読んでね!と言う声が聞こえて来るような気がする』

 

とご自身でも過去の文章を振り返っている。

なんだ、これでいいんだ、と許された気分。それも川上さんに。

 

ゴクリと飲んでしまえば単調だけど、転がして寝かせて味わえばミルフィーユよりもっともっと薄い感情の層が気持ちを豊かにしてくれる。

 

喜劇でも悲劇でも、どっちらもまた味わいがある。これが人生の楽しさか?

 

さて、図書館へ向かおう。

遊動亭円木 辻原登

川上弘美『大好きな本』より

 f:id:tgis:20170725151701j:image

人が生きるとは、何なのか。

残酷と可笑しさが薄い皮膜一枚で隔てられていると言うことが生きているというのとなんですね、と。

 

ほむ。

 

一理ある。

おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなしものは心なりけり、か。

高杉先生、さすがです。

f:id:tgis:20170725101107j:image

 

ところで、最近読んでいる本を聞かれて、"書評"と答えるのに気がひける。

文学でも実用書でもないからか。

 

面白さを考えながら、ページを進めて気付いた。

 

「昨日○○って本読んでね、▲▲って思った」

「へぇ、私も読んでみようかな」

 

と、こんな感じ。

欠乏している。スーッと染み込む。

これもまた、今の生活の知的欲求への皮肉と可笑しさか?

 

f:id:tgis:20170811111420j:image

 

さて、本書を早速手に取る。

18年程前の書籍らしい。

 

表紙もさることながら、文体も粋。

落語家の噺を聞いているようだ。

「吉原の大門〜」なんてくだりもある。

設定はいつなんだろう。

 

主人公 円木は、盲の落語家。

眼球の裏側、頭蓋に向いた世界を"奈落"と表している。

 

ともすれば、噺になぞらえて仲間、昔の女、世話になった兄貴、妹夫婦との日常が皮肉に可笑しく語られる。

 

哀愁とセクシーさを感じる。

生きるとは、オトナとは。

その懐どっぷり甘えて読める。

 

前提は、盲じゃなく、誰でも自分に置き換えて楽しめる、そんな本。

 

あなたにありがとう 松浦弥太郎

f:id:tgis:20170718213248j:image

弥太郎先生の本は旅のタイミングで持参するようにしている。心を浄化してくれる旅のお供に最適!

 

普段は向き合えない、あるべき色々に気づかせてくれる。

 

弥太郎先生の本は色んな気持ちの逃げ道を用意しててくれるので、ん?これは?と思ったらページを飛ばせばいいし、響くものがあったら繰り返し読めばいいと思っている。

 

東京にいると、忙しくしてて、苛立ったり、守ったり、達成感に満ちたり、気持ちが忙しいから。

 

でも、それでいい!

 

また旅に出て、癒されて、頑張れれば!

 

「ら抜きの殺意 (永井愛)」によると。

何かが生まれるということは、概ね喜ばしい事だが生まれることによって死ぬものがあるとき、ことほがれるべき生は、死にゆくものから恨まれることになる。と。

新しきものの勢い、そして新しきに見えて実は古きの血を引いている部分への思いやりも記述している。

 

何も変わらない日なんて無い。

毎日、恨みと勢いが生まれてるんだなー。

目くじら立てず、両方に目を向けられる大人になりたいものです。

 

最後に、本書の中で特に響いたのは

相手を支配しない話。

すごくお薦めです。

変身 フランツ・カフカ

f:id:tgis:20170718135019j:image

ヨーロッパでは八百万的な発想がないので相当珍しい内容だったらしい。

素人の私でも、文章から創り出されるイメージが不気味にこびりついて気持悪かった。。。大風呂敷広げて、どう帰結するつもりなのか、と読みすすめまた一つ大人になった。

 

オチはない...。

 

描写の妙というやつか。

それが素晴らしければ、こんな帰結もありなのか。

 

ブログ更新にあたって、画像検索して見た。

f:id:tgis:20170718135448j:image

寸分の違いなく、イメージ通り!!!

 

読み手に忠実にイメージさせてる...

数十年、数百年、何人の人の脳内を操るのか。これぞ彼の名が残る所以。

お見事でございました。

 

本の進むカフェまとめ

色々なところにお邪魔させて貰ってます。

ここらで少しお気に入りをまとめ始めてみることにします。

 

🔶CHANOKO COFFEE ROASTERY / 奥沢,自由が丘

 ごめんなさい、しばらくの間店名を覚えずに通っていました!茶の子さんだったとは...。

f:id:tgis:20170716180907j:image

数メートル先にあるMELLOW BROWN COFFEEで水出しの名物コーヒーを頂こうと思ったら大混雑。。。馴染みのある奥沢神社の緑が見えることもあって、試しに入ったのがきっかけ。素朴でコーヒーのローストの良〜い香り。雑に本一つ持って訪れるのがオススメ。コーヒーは数種類、深みや香りに応じて既に店主にセレクトされている。相談にのってくれるのも有難い。椅子は簡易的なものなので短編がお薦め。

 f:id:tgis:20170716180918j:image

 

🔶THE CITY BAKERY / 広尾
正直言って、めっちゃ好き。マンションの契約更新理由の一つでもある。

f:id:tgis:20170716181357j:image

人気になりすぎないで欲しいが、土地柄客層も良いのでしばらくは安心だろう。天気が荒れない限り、基本的にはテラスで過す。

f:id:tgis:20170716181536j:image

パンも美味い。

ホットサンド、鯖サンドが特にお気に入り。この前セットメニューから外れて、実質的には値上げになったけど、そんな事は些細なこと。クッキー、チャイ、ハーブティーなどサイドを固める布陣もなかなかの実力。元はN.Y.に本店があるんだとかで、聞き慣れない名前のパンも楽しい。このカフェには長生きして欲しい。インテリアもブルックリン調でイカしてる。長時間滞在にも◎

 

🔶セガフレード・ザネッティエスプレッソ 広尾店 / 広尾

 

シティベーカリーには入れず、こちらに。有栖川公園の緑でも眺めるか!なんて気持もあり。

f:id:tgis:20170717001144j:image

想像しいが、耳に入る声はだいたい外国語なので然程気にならない。と言うか、日本人女性同士の愚痴話より...笑

一階は屋根付きソファ&オープン席があるから次はそこを狙いたい。二階にもテラススペースがあるけど、あの椅子は長時間読書には不向きと見た。たまには、海外気分で流し読みするのも悪くない。

 

 

続く